火葬式(直葬)プラン
一日お別れ葬プラン
お花の家族葬プラン
生活保護葬プラン

生活保護葬プラン

PLAN 04

生活保護葬プラン

生活保護葬プラン

・お通夜や告別式は行わずに火葬を執り行うプランとなります。
・火葬場によってはお時間の制限もございます。
・土日や夜間で、ケースワーカー様に確認がとれない場合は、先に病院のお迎えからご安置をさせていただき、ケースワーカー様の指示を待つ流れとなります。
ご家族の皆様から連絡していただき、葬祭扶助での確認が取れましたら、その後のお手続きは弊社で代行させていただきます。

生活保護葬プランに含まれるもの

生活保護葬プランに含まれるもの
  • お棺
  • 骨箱
  • ご遺体搬送
  • 運営スタッフ
  • 役所手続き代行
  • ご安置

*お棺は桐平棺となります。
*寝台車 病院からご安置、セレモニーサポートまち葬もしくはご自宅から火葬場へ出棺となります。

生活保護葬プランの流れ

生活保護葬プランの流れ

オプション

受給資格について
故人が生活保護受給者で、遺族がいない場合

遺族がいなく、家主や民間の奉仕者、ご近所の方などが葬儀を行いたい場合に申請する事で受給できます。

故人が生活保護受給者で、 遺族はいるが生活に困っており葬儀を行う資金が不足している場合

遺族がいる場合は、遺族の収入状況、困窮状態を調査したうえで、生活保護法に基づいた葬祭扶助を受給することができます。
※但し、生活保護受給者が残した遺留金で葬儀を行う費用が賄える場合は受給されません。

事前の申請が必ず必要

知り合いなどから葬儀代をお借りして葬儀社に支払い、後から福祉事務所に申請して葬儀代をもらおうとしても、葬儀代を支払える余裕があったとみなされ、葬祭扶助を受給する事ができなくなる事があります。そうならないためには、葬儀社に葬儀を依頼する時に必ず「葬祭扶助を利用して葬儀を行いたい」と伝えたうえで、葬儀を行なう前に管轄の福祉事務所に連絡・相談してください。福祉事務所から承認がおりた時点ではじめて葬祭扶助が支給されます。

葬祭扶助で行える葬儀は火葬のみ

葬祭扶助で行える葬儀は、火葬のみです。
通夜式・告別式・僧侶に読経をお願いするなど、費用が支給額の上限を上回る事は行えません。
なぜなら、通夜式と告別式の費用、僧侶に納めるお布施などを支払うことができるなら、その分のお金を葬儀自体の費用に充てる事ができると見なされてしまうからです。
火葬のみの葬儀は「直葬」と呼ばれる葬儀形態で、流れとしては「ご逝去、遺体の安置、葬儀業者との打ち合わせ、納棺、火葬、ご収骨」です。

対応エリア

ご遺体搬送車

仙台市(宮城野区、泉区、青葉区、太白区、若林区)
多賀城市
塩竃市
利府町
富谷市
名取市
上記以外の地域もご相談ください。

火葬式(直葬)プラン
一日お別れ葬プラン
お花の家族葬プラン
生活保護葬プラン
まち葬
ホーム > プラン > 生活保護葬プラン > プラン > 生活保護葬プラン
生活保護葬プラン

生活保護葬プラン

火葬式(直葬)プラン
一日お別れ葬プラン
お花の家族葬プラン
生活保護葬プラン

生活保護葬プラン

PLAN 04

生活保護葬プラン

生活保護葬プラン

・お通夜や告別式は行わずに火葬を執り行うプランとなります。
・火葬場によってはお時間の制限もございます。
・土日や夜間で、ケースワーカー様に確認がとれない場合は、先に病院のお迎えからご安置をさせていただき、ケースワーカー様の指示を待つ流れとなります。
ご家族の皆様から連絡していただき、葬祭扶助での確認が取れましたら、その後のお手続きは弊社で代行させていただきます。

生活保護葬プランに含まれるもの

生活保護葬プランに含まれるもの
  • お棺
  • 骨箱
  • ご遺体搬送
  • 運営スタッフ
  • 役所手続き代行
  • ご安置

*お棺は桐平棺となります。
*寝台車 病院からご安置、セレモニーサポートまち葬もしくはご自宅から火葬場へ出棺となります。

生活保護葬プランの流れ

生活保護葬プランの流れ

オプション

受給資格について
故人が生活保護受給者で、遺族がいない場合

遺族がいなく、家主や民間の奉仕者、ご近所の方などが葬儀を行いたい場合に申請する事で受給できます。

故人が生活保護受給者で、 遺族はいるが生活に困っており葬儀を行う資金が不足している場合

遺族がいる場合は、遺族の収入状況、困窮状態を調査したうえで、生活保護法に基づいた葬祭扶助を受給することができます。
※但し、生活保護受給者が残した遺留金で葬儀を行う費用が賄える場合は受給されません。

事前の申請が必ず必要

知り合いなどから葬儀代をお借りして葬儀社に支払い、後から福祉事務所に申請して葬儀代をもらおうとしても、葬儀代を支払える余裕があったとみなされ、葬祭扶助を受給する事ができなくなる事があります。そうならないためには、葬儀社に葬儀を依頼する時に必ず「葬祭扶助を利用して葬儀を行いたい」と伝えたうえで、葬儀を行なう前に管轄の福祉事務所に連絡・相談してください。福祉事務所から承認がおりた時点ではじめて葬祭扶助が支給されます。

葬祭扶助で行える葬儀は火葬のみ

葬祭扶助で行える葬儀は、火葬のみです。
通夜式・告別式・僧侶に読経をお願いするなど、費用が支給額の上限を上回る事は行えません。
なぜなら、通夜式と告別式の費用、僧侶に納めるお布施などを支払うことができるなら、その分のお金を葬儀自体の費用に充てる事ができると見なされてしまうからです。
火葬のみの葬儀は「直葬」と呼ばれる葬儀形態で、流れとしては「ご逝去、遺体の安置、葬儀業者との打ち合わせ、納棺、火葬、ご収骨」です。

対応エリア

ご遺体搬送車

仙台市(宮城野区、泉区、青葉区、太白区、若林区)
多賀城市
塩竃市
利府町
富谷市
名取市
上記以外の地域もご相談ください。

火葬式(直葬)プラン
一日お別れ葬プラン
お花の家族葬プラン
生活保護葬プラン

記事がありません

6月

:休業日
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

7月

:休業日
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
    TOPへ戻る