地方自治体の葬儀費用補助

葬祭費補助金制度とは?

「葬祭費補助金制度」とは、国民健康保険や社会保険に加入している方やその扶養家族の方が亡くなった時に、加入している国民健康保険や社会保険から葬儀費用や埋葬費用の補助金が支給される制度です。

国民健康保険の場合

●国民健康保険から支給される葬祭費

平均3~5万円程度(自治体によって金額が異なるが仙台市は一律5万円)
※葬祭費が支給されない場合もございますので、確認が必要です。
葬祭費が支給されない場合
お亡くなりになった時点で国民健康保険に加入していても、次のいずれかに該当する場合は、前の職場の健康保険から埋葬料の支給が受けられますので、国民健康保険からの葬祭費は、支給されません。
なお、埋葬料支給に関するお手続きについては、前の職場の健康保険者にお問い合わせください。
1. 前の職場の健康保険の被保険者だった方が、資格喪失後三カ月以内に亡くなったとき
2. 前の職場の健康保険の被保険者だった方が、資格喪失後の傷病手当金または出産手当金の継続給付を受けている間に亡くなったとき
3. 前の職場の健康保険の被保険者だった方が、2の継続給付を受けなくなってから三カ月以内に亡くなったとき

●支給申請に必要なもの

・亡くなった方の保険証
・葬祭を行った方の銀行口座が確認できるもの(預金通帳など)
・葬祭を行った方が確認できる書類(葬儀の領収書、会葬御礼のはがきなど)

●支給申請期間

葬祭費は、葬祭を行った日の翌日から2年

社会保険の場合

●社会保険から支給される埋葬費

一律 5万円

●支給申請に必要なもの

・死亡診断書または埋葬許可証
・故人の社会保険証
・勤務先事業主による申請書類への記入・捺印
・申請者の印鑑
※勤務先によっては健康保険組合に独自の補助金制度がある場合があります。

●支給申請期間

死亡した日(もしくは葬祭日)から2年以内

葬祭費補助金制度の申請は、各団体により条件が異なりますので、ご確認のうえご対応ください。

まち葬
ホーム > 地方自治体の葬儀費用補助 > 地方自治体の葬儀費用補助
地方自治体の葬儀費用補助

地方自治体の葬儀費用補助

地方自治体の葬儀費用補助

葬祭費補助金制度とは?

「葬祭費補助金制度」とは、国民健康保険や社会保険に加入している方やその扶養家族の方が亡くなった時に、加入している国民健康保険や社会保険から葬儀費用や埋葬費用の補助金が支給される制度です。

国民健康保険の場合

●国民健康保険から支給される葬祭費

平均3~5万円程度(自治体によって金額が異なるが仙台市は一律5万円)
※葬祭費が支給されない場合もございますので、確認が必要です。
葬祭費が支給されない場合
お亡くなりになった時点で国民健康保険に加入していても、次のいずれかに該当する場合は、前の職場の健康保険から埋葬料の支給が受けられますので、国民健康保険からの葬祭費は、支給されません。
なお、埋葬料支給に関するお手続きについては、前の職場の健康保険者にお問い合わせください。
1. 前の職場の健康保険の被保険者だった方が、資格喪失後三カ月以内に亡くなったとき
2. 前の職場の健康保険の被保険者だった方が、資格喪失後の傷病手当金または出産手当金の継続給付を受けている間に亡くなったとき
3. 前の職場の健康保険の被保険者だった方が、2の継続給付を受けなくなってから三カ月以内に亡くなったとき

●支給申請に必要なもの

・亡くなった方の保険証
・葬祭を行った方の銀行口座が確認できるもの(預金通帳など)
・葬祭を行った方が確認できる書類(葬儀の領収書、会葬御礼のはがきなど)

●支給申請期間

葬祭費は、葬祭を行った日の翌日から2年

社会保険の場合

●社会保険から支給される埋葬費

一律 5万円

●支給申請に必要なもの

・死亡診断書または埋葬許可証
・故人の社会保険証
・勤務先事業主による申請書類への記入・捺印
・申請者の印鑑
※勤務先によっては健康保険組合に独自の補助金制度がある場合があります。

●支給申請期間

死亡した日(もしくは葬祭日)から2年以内

葬祭費補助金制度の申請は、各団体により条件が異なりますので、ご確認のうえご対応ください。

記事がありません

4月

:休業日
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

5月

:休業日
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
    TOPへ戻る